身体 構造とバランス

イスラム建築のアーチのように構造だけで細かい調整をせずとも力を発揮するものがあり 人体も同じ 構造を整えて無駄な力をちかわなくてもバランスが取れ 動くことができる その状態を作っていくことでバランスする

歪み左右バランス

自然は基本左右でアンバランスが普通  地球も真円ではなく歪んでる  遠心力で膨らんでおり その楕円の凸凹の上で進化した人も歪みを持つ フーコーの振り子 北半球と南半球で水道の渦の巻き方は違う

左右の足は長さが異なる。骨盤の状態に左右されることが多い

脳の左右差もあり 肺の左右差心臓の位置肝臓など。 人は左を向く方が得意 トラックレースは全左向き無意識に左重心

バランスは体内の水分がリンパなどで調整して体重調整をしている 重心 船のバラストのように。 内臓も動く 

関節

人間の体は重力がそれぞれの関節に適切にかかることで生き生きと機能するようにできている 骨格筋肉血管神経も同じ 重力と適切に地面の反発 体の力 あるを重力とともに整える

こんな感じで地面の反発から骨盤に斜めに圧力が入る 足はこのイメージ   内側重出歩く  せんちょう関節をうまく使うことが歩行の基本で重要 骨盤のベアリング機能をリズム感良く回す感じで歩く

体のバランスが筋肉依存性取るようになるとリラックスできない状態脱力が出来なくなる

体のバランスは背骨の平行になってる部分でも構造的にとってる

この部分の平衡が悪いとバランスが悪くなる 歪曲の変更部分の間が平衡

頭蓋骨にぶら下がった顎が振り子のように重力を感じておる ここを柔らかく地面に向けて自由にしておかないと体のバランスが悪くなる この振り子の具合がいきなり動かしてアッパーなどくらいとフラつく

テンプル こめかみも食らうとふらつくがここが顎関節 顎を動かすと動きをテンプルに感じる 

顎は下顎のみ動くが 上顎が動かない良いう固定するというか動きが必要になる 頭蓋骨の固定 

推骨

すいこつは最も重要な背骨のなかで特殊な骨 横に穴が空いておりここに動脈など重要な神経が通っていて重要 ここの骨が正しく機能してないと圧迫して神経や血の巡りが悪くなる

人の平衡感覚は前庭 内耳 にありそこに血液を送るのもここの骨を通る動脈

筋肉は伸びたとちぞんだりして血液を送る

顎を引いて前に出さない 頭蓋骨とかんすいの間を開いてみる 寝ながら

足を肩幅に開いて足の親指は平行にする その状態で両膝をつける この状態が内側にじゅうしんがのってる状態 その状態で歩幅を大きめにし腕のふりも大きく 

足裏全体を着地させる 

むねすいの回線を意識 腰すいはかいせんできないので胸でほぼ全ぶ 足を出す方の骨盤が大きく後ろに倒れ込むのfら反対側の手を振り上げてじょうはんしんをひねって安定させる 

足ぞこ板はいい 正座もいい 

皮膚

皮膚は第三の脳と言われ 熱や酸性物質の判断 圧力湿度も理解する  皮膚は光の色も理解すり 赤色の光を当てると皮膚は再生が早まり青は遅くなり シャーレで組織培養したものでもそうなので皮膚は皮膚自体で判断している 皮膚は音も聞いているという 嗅覚もあると言う

脊椎の骨一個一個を重力を感じながら適切に整うように呼吸でコントロール 一個一個骨の角度 位置を 前後左右 回転 で調整して重力が流れるようにする  鼻を圧迫してる時は前にですぎなので後ろに下ろしていくように

瞬きで鼻 眉間の奥の塊をちょっとづつほぐしていく 一個一個の骨の突起の形状などを丁寧画像を見ながら位置調整していく

首の骨と頭蓋骨の付け根のバランスを丁寧に整えるとだいぶ楽になる 画像を見ると思ったより後ろなのでボディマッピングを丁寧にすること

乾燥が原因の時は痒いと思ったたびに水分の多い保湿剤を塗る お風呂のあとはワセリンで長持ちさせて 薬をその上から塗る その後で水溶性の保湿剤を何度も塗り続ける 皮膚の状態で調整

思いついたこと

体の旋力を意識 ストレッチの時も伸ばすときにそれぞれの関節の角度 回せるところは回してストレッチしながら関節を旋回させてさらに細かいところも調整する

足の指 手の指のそれぞれの関節の位置 とともに角度 回転して適切な状態にする

国を整えるには鎖骨から首にかけて横から圧を上げて左右から圧力を加えて首 頭を支える 首から頭頂部にかけてじっくり圧を前後左右斜めで圧力を描けて程よく固めて頭を支える 

足は足首の関節から地面に落とす 膝下の関節と足首の関節を意識してそこをセットで動かして 足の付け根は柔らかく回転させるようにする 

手の細かい筋肉は旋力で調整 関節と関節の外側 三つの位置をイメージして そこで丁寧に捻る 手を伸ばして肩甲骨を回す 手を横にして肩甲骨とは別に肩の先を回す 肘の中の関節を回すために手首を固定してくるくる旋回させる 指を旋回させる どこかを固定してそこからくるくる回す その際きちんと固定する 肩甲骨は全方位回す  目も同じ容量で 9等分くらいにして旋回させる 歪みがないようにしっかり同じ輪の中で他に力が入らないように綺麗に旋回させる あるべき場所に目が置かれると瞬きする感覚がなくなる

座りながら 足をそれぞれの位置で固定して旋回させる つま先中心 踵中心  足内側中心などで旋回させていくと 股間 腰なども回り調整できる 首の方まで楽になっていくはず

この時頭に位置固定 とか肩固定とか脇固定とか色々やる

膝を回す お尻の筋肉から回すなど。 回すときは筒をイメージしてそこから無駄な力が出て行かないように丁寧に回す 

同じ容量で骨盤を前後左右色々回す 頭頂部まで筒でイメージして回す 肩 脇などと骨盤を連結して動かす 思いの外塊が強いのでここをうまく連動させるとストレッチでは取れない部分が柔らかくなり 地面の圧力を全身で捉えられるようになり パンチ力も上がる

頭を回す時も丁寧に筒と軌道を考えてゆっくり無駄な動きなく回していく

骨盤の内圧をあげて正しい力みを作っていく この感覚は骨盤だけじゃなくて 体の全ての位置を圧を丁寧に上げることで全身の構造が整っていく 足の指を四角いイメージでして立体的かつシンプルにイメージして 圧を上げていく ひねりの調整も大事

ワキ 手 首 頭頂部 全身に適切な内圧を与える 力を抜くんじゃなくて必要な箇所に力を入れていき 必要のない場所は抜いていくというイメージ

耳が結構重要で みみの周り と肩 耳の奥と肩 耳と目の奥内側 眉間あたりの鼻で一っ直線に繋ぐ この一直線が大事でまっすぐであるべき位置を三つ意識してして真っ直ぐになるように整えると非常によく整う 

目の痛みはストレスからきてる 必要以上の神経を使ってるのでとにかく交感神経を何をする時も一定以上にあげないようにコントロールする

呼吸で常に内臓や筋肉をマッサージするように循環させて行く

その姿勢でもまず重力があってさらにそこから体と接地面で反発がある そのふたつの力を理解してそのバランスを取るような体の位置を模索していく 重力だけでも反発だけでも脱力だけでもダメ

鼻の付け根は下 目の当たりの背骨に位置する場所を上にスライドさせて そこの小さな骨を前に回転させる ただ回転というより鼻は下 頭頂部は上 で 二つの面でスライドしていく  このスライドをスライドさせて上下に積み木のように積み立ていくと正しい位置になっていく

鼻先 鼻の奥 首の骨 をまっしぐ正面から繋げる このまっすぐ と さんちてんが重要 この時も線あるいは面のスライドを考える

面のスライドと同時に 肩のラインで面を作り 首の骨が重力で中に入って折ってしまっておるのでそこを一個一個上に出していく この時 面と点プラス線で 線を頭頂部の向こう側までまとめて出していく  肩の付け根ノコリなどはこれで取る

首の調整

首の位置がおかしいとうまく呼吸ができず鼻にずっとおかしな塊を感じる これを治すのは 顎の調整が必要 顎が整うと首 背骨が整う

まず顎の引き方がまっすぐ自然で前に出ないようにする ゆっくり顎を引いて変に前にデリとそれは顎がおかしい 頭全体をかき度を意識して 鼻はまっすぐ整えてから 目の下 鼻の上くらいの位置から頷きができるようにする

顎が整うと 首の後ろ 背骨までぐいっと鉾上げられて 筋肉の全身の状態が正しくなる この変化は著しくでかい

顎の付け根を広げた状態で首を曲げる 

上を向いた状態で首の曲げ加減を重力に逆らわないようにして可動域を広げる しっかり首を座らせてから曲げないと意味がない 頭の重さを背骨に乗せれるようにするためにかなりの訓練が必要

上向いたろ下見いたり横見たりしながら顎の開け閉めをする 

ヨガなどでいろんな体制をとった後で首を座らせる 伸ばしだけじゃなくて正しい位置に戻していく練習 呼吸を忘れない

リカバリーポイント

身体中のリカバリーポイントを抑えた後 体の締まりを確認してその後抑えるのをやめてから呼吸してその部分を柔らかくしていく あ

 優しい呼吸

これらのことやあらゆることで常に優しい呼吸 努力しない呼吸を全身に意識して常に優しい呼吸と動きをする 何かを見る時に優しい呼吸 何かを考える時に優しい呼吸 何かを聞き時に優しい呼吸 思考に筋肉を使わない 怒り時も優しい呼吸 体を動かす時も優しい呼吸 嫌なことを思い出しときも優しい呼吸をする 作業中も常に優しい呼吸 

この時のコツはなるべく深く優しくこきぃいする 優しい感覚の意識は深くする 体をかぅときも

足の整え方

基本のストレッチの他に 足の指を開いたろ閉じたりしながら ストレッチ 

足の指も手の指のヨガと同じように曲げてのばす

足の裏をヨーピッチロールでこんとろーる 足の付け根までこれで整う 

足のグーパーで小指側の器用さを上げると歩き安くなる 膝に変な負担がかかる足なので足のグーパーと足首 足の裏の面 設置面から膝 足の付け根までをちょいせいすりことで膝の負担を変える 

膝のサラを面で捉えて向きをコントロール 足の指も。

寝た状態で 踵を固定して膝を緩めていく 膝の横や膝の裏も

複雑な筋肉の部分

目の周り 首の付け根 鼻の奥 などは筋肉が複雑にくっついているので それぞれの動きに対して 別の筋肉が正しくない動きをすると 余計な痛みを作る 例えば肩を動かすと連動して首 鼻 目 などが余計に力んでしまうと 手を動かしだけで目が痛くなったりする これを改善するには ある動きをした時に痛みを感じる部分に動きがあることを意識を集中すると確認できる その方向と角度を認識して そちらに動かないように 壁のようなものをイメージして 何度もその動きをしつつ しかし 痛みのある部分 が力まないように練習する  

呼吸をすると目の奥が動いたり鼻の奥が動いたり あるいは 鼻を力むと肩の奥がやや力む などが検出されるのでそこを抜いていくといい 鼻で息をする時に鼻が閉まる などは無駄馬力機で呼吸をするたびに疲れているので これが過度になると目の痛みや呼吸困難 そこから神経やストレスにダメージになり 別の症状が出てくる

思考をする時も眉間や目の奥などに力みがあるのでしこうするときも楽に行いように練習が必要

しっかり大きく呼吸して全体を整えるのも大事 

膝の整え方

歩いてるとやたらふくらはぎやかかと くるぶしのまわりがつかれるときは 足全体の使い方がずれてるとき   こんかいは 膝ががちがち担っていたので調整 膝のさらを丁寧にちからを いれずにずらしたり膝をゆっくりおさえたりする このあとにたつとものすごくいたいが ゆっくりその状態で足がうまくうごくように調整すると なおる そのあとはふつうのストレッチなどを行う

顎周辺

しっかりとあごを引いた状態でこきゅうや まばたき 呼吸 息をのむ 声をだす などができるようにする 首が座ってないとすぐにあごがまえにでる 目の全部でまばたき 奥で瞬き 声を出すとき などで顎がまえに でるのでそれを調整しながら顎を引いた状態を維持する 力を抜いた時に顎が前にでないようにする くちをあける 顎を落とすように開ける あたまと顎の位置 頭頂部とのバランス 目 鼻 口 調整 

旋力について

基本人間のからだは旋回が基本になる これを極めると体の動きが格段によくなる  この時正しい旋回の位置を把握するためには 意識の上で壁をイメージしたり 固定する部分を細かく制御する必要がある。 膝の横を固定して横旋回 たて 全店好転 など   効果的なのが 首を支える二つの筋肉を筒状にイメージして 横回転させる その筒を伸ばして 頭頂部まで あるいは健康骨の内側まで  肩と肘を一つの筒に見立てて 無駄な動きなく回す これを綺麗にできると 体が凝らなくなる 足の指も同様 踵 足首 膝 それぞれ適切に繋げて無駄なく旋回させる技術は 歩きや走りで効率的に機能する。 この感覚を取り入ればがらストレッチやヨガをするとさらに動きが良くなる。 骨盤肩甲骨などをこのようにしてうごきをマスターすること。 くるぶしの周りやか踵の凝りやすいところに力が入らないような歩き方をマスターするには 足指や踵 膝などの使い方の調整が必要になる。 太ももを正しく旋回させると 腰が内側に入るような感覚でこりが発生するがそれがなくなる。 太ももの旋回は骨盤の横部分まで意識を拡張させること。 この意識を伸ばしたり短くしたりして その時の症状に合わせてコントロースすること。  肩を回すときは肩を押さえながら回す人がいるが これは適切な箇所を固定して 関節の起動部分から回すようにするためである。 正しい位置から回転をかけられれば運動能力が上がるのでこの関節の起点の二箇所の旋回部分を頭の中で要点として押さえつつ 回すこと。  これは目も同様である。 特に目は複雑に筋肉が混ざり合ってるので 一つ動かすと無駄に色々動いてしまうので気をつけること。 ヨーピッチロールで動かして。 この時もしっかり固定するところは固定して無駄なく 動かすこと。 また目の奥の眼輪筋も別で動かし 筒状に目に繋げる 。  目も三つの意識をして 目の表面 目の奥 眼輪筋 でこの三つが正しく連携するような形で筋肉と動きをツバゲルと目が疲れなくなる。 

思考をするときも何かを考えるときに胃筋肉が反応するので 何かを考えるとき 聞くとき 頭で音を出すとき このことを思い出すとき で体が反応しないように気をつけること。 

通常の瞑想の呼吸も常に忘れずにしっかり行うこと。

作業中は鼻歌などを歌いながら行うと 呼吸を忘れがちなPC作業でも呼吸ができる 

旋力は体のネジを正しい位置にして止めるようなイメージ 腹筋 背筋 腰のふたつ含め どの筋肉にも適用できる

旋回せずに 関節の止めるところを止めて 動かすところを 動かす この動きだけでもだいぶ 状態が良くなる 旋回とはまた別項目で効果的

ダンサーがやるような動き

 たとえばもの奥を苦呈して残りの部分を真上にかく っと動かすなど。 

花の奥など。

呼吸について

何かを見るとき 美しいものを見るとき いい香り 綺麗な空気を吸うとき 鳥の鳴き声や川の音を聞く時のような ここち良い温度と風邪を感じてる時のような感じで缶zること。  広大の綺麗なものを見ていると目は 全体はすこし後ろに行き 目の前部分はすこし前に出て ひろがる。 この広いところを見る目で普段は過ごすこと。 PCなどを見るとこれが狭まりそこで固定するので住んどい。 花も耳も同様に美しいもの を見てい聞いてるような時の心地良さで 瞑想する。 考え事も喜ばしい 心地良さを毎日 その状態を維持するようにして 行動 思考 する。 綺麗なものを見て 綺麗な音を聞いて いい匂いを感じ 心地よい触覚を感じ 心地よい思考をすること。 これがものすごく人生を豊かにする。 ここち良さを感じながら 体の正しい位置にする事も忘れないこと。目の場合は中央から 左右の筋肉が 水平に横に広がっていき 180ど見えるような状態に落ち着くと心地よい 。 

耳が心地よくなると 肩の力が抜ける。 花が心地よいと首の位置が正しくなり頭の重さが下にいく  思考が心地よくなると全身の力が抜ける

PC作業時に呼吸や心地良さを感じることを止めないようにすること 作業中はとにかく呼吸が止まりやすい。 

リングイメージ

それぞれの筋肉や骨の位置に対して正しいバインドが必要 これは リングをイメージして それぞれをくっつける提案 たとえば 花の奥は戦力で回した後は 喉の上の顎の中心のとっかかりの位置と 首の後ろをリングで繋いで 呼吸で前後ろにこねると いい だるま落としのように 体は繋がっている 首の骨は 段々に繋がっているので これで骨と 首の骨を正しい位置に調整していく 重力を感じながら行うとなお良い 花の上の方 と首の後ろっでリンク 目の横を縦のリングで 首の後ろとリング リンク 肩の先と 首を横のリングとバインド 脇と肩の上をバインド バインドしたリンクから別の場所へ別のリングを作るなど 応用が効く 

バインドは重要 頭の中位置を変に動かさないようにすると 首や その下 花などが 大きく苦しいがそれは変な唐揚げの使い方をしているので 頭を基本しっかり固定すること この時 頭の 筋肉を大きく披露させるので そ頭が疲れないようにすると 目もわく担ってくる  頭皮の筋肉は目に密接何関わっているので 当h技gを楽にさせると 目も楽になる それには姿勢の見直しが必要なので そこを調整する 結局のところ全身が密接なバランスで繋がっているので 頑張ること

自尊心の棲み分け

自尊心にはいろんな領域があるがあまりものgとを別個にして捉えない方が精神的に安定する たとえば CGではCGの自尊心があり そっちで勝利を得ないと満足できなくなり 別分野では別分野で自尊心を得ないと満足できない その目標とするところも 実は自分の幸せと関係ない部分でこうでなければいけないといったものが情勢されている 自尊心が基準に満たないとストレスが消えなくなうる。 これはそれを実現すっることで解消させるよりも 脳内で処理してそれを求めない方向に意識を作り替えた方がずっと人生にもストレスにも身体にも良いと考える もう戦わないこと

思考のベクトル

思考には基本ベクトルがあるので 常に自分の考えがどの方向に向いてるか矢印で流れを調整していく  たとえば許せない怒り あの時あった出来事が自分の自尊しんを木津つけてストレスに感じるのなら 彼らにされたことが自尊心を木津つけるのではなく ベクトルを上昇の流れに反転させて捉える たとえば 彼らの怒りや反応は自分の独創性に対する違和感なので自分は優れている といった風に変えていくことで 精神を無用に木津つけないこと これは 相手の意見を聞き入れないという意味ではなく単純なストレスコントロールとして捉える。 ちゃんとそのあたりのバランスは自分のん中で撮ること 改善そのものは大事だし 相手への尊重ももちろん大事

思考のベクトルの応用は 眠れないときに いろんなことを考えたりしようとしたりするが 暇な時は眠りに誘うように 思考のベクトルを内側に戻し 何かをしようとしないことが重要 

ちなみに思考で 首も凝る えっちなことを考えると目が内側にキュッとするので それも目の疲れの原因になってるので注意 後は 自分が癖でやっている 指と腕と肩全体に力を入れて 武士獅子と 銭湯行為をイメージするが これは それをしてない時でも 思考の中で 肩に力を入れる原因になってるので そこは超牛すること

触質

触るとそこからその部分に対応したこりが未rty そこをコキュで柔らかく繋げていく 花は 首の後ろの スイこつにだいぶ影響していたので これをしっかり調整する  花の筋肉が合うにagate力まないようにすると 食いに負担がかかるので そこが力んでまないように 首と 花を 重力に適応させるように 下に落としていくイメージ

声の向き

声の向きは花と口 両方で息しながら 斜め下が どうやら良さそう 声が楽に出せて 鼻息も音につたえられているので 伊sバラクこのベクトルで落としてを出してみる

呼吸の深さ

呼吸をなるべく長く深く行う訓練も取りいえれる 

呼吸と重力

重力を感じながら それへの反発力である呼吸をするとき ちょうど重力と反発力が重力とちょうど同じくらいにするのが望ましい それ以外は少ないとパワー不足 大きすぎると余計な力みになる、。 その力が拮抗するとい一番力みがない状態で 重力うの力を利用した強い力が出せる 呼吸をするときちょうどいい感覚を重力を感じながら行う あるいは声をdストき重力うにの出るyとうな感じでバランスを取ると楽に強い音が出る パンチやキックなども同様 重力うtのバランスを整えることg力を生む 

筒の繋げ方

手を左右に広げて まっすぐの筒を作る そして手首の関節の前後 肘の関節の前後 肩の前後 肩甲骨 はその状態でも自由に動かせるようにする 

手をまっすぐ前にしても同じ 筒を作り調整 指にも三つ関節があるので同じように調整する 

頭のにも筒を作る 頭 目 首 肩などで縦の筒を作り その領域から外れないように首を回す これは非常に難易度が高い 肩の調整も重要で骨盤とも最終的につなげていく

足を座ったママまっすぐにして同じように筒を作って回転させておく 腰まで回っていく 

肩甲骨を意識しながら 脇など縦の筒を作って回転させつつ肩甲骨はさらに回す この時固定イメージもしっかり作る 目もしっかり回す 目も固定した筒をイメージ

口を重力を感じながら大きく開ける 喉の痛くなってる首の位置を圧迫してる喉仏の骨が影響してる このりょいようで目の奥も大きく開けると 喉と目と鼻の筋肉が混ざってるところがガチガチになってるのでそこを調整できる

目の周りの筋肉は 巻き込むようにして 固まっているのでそれをロールイメージで緩めていく 目の上 で 5つほどリングをイメージして筒にして連結をしっかりする 次は目の下の筋肉を同じように調整 ここで調整が聞くと それを巻物のように巻いて 目を出していく 固まってる筋肉はそうやって調整する。 

首の上の塊は 4つほどの丸い塊をロールして出していく ロールイメージの連結 が大事

体の調整はしすぎてもなかなか完全な状態にならない 普通のことを普通にする中で その行動を行いながら調整するって意識を加える方が生産的

耳の角度

左右で調整する 耳 鼻の中央の筋肉 目 プラス 頭の横からの筋肉のバランスを整えると 角度の調整に入る  籠のようなものをイメージして 頭の横の筋肉と目の内側を引っ掛ける感じで調整する 頭頂部は目の下に引っ掛ける 目の上は顎らへん にひっかけて調整 頭皮の筋肉と目の筋肉のバランスはこれで取る

耳の後ろらへんの筋肉と目の内側の調整をすることで側頭部の筋肉が角度で調整することがわかる

目を三等分

目を縦横前後で それぞれ三つのリングをイメージして 端っこを固定して真ん中のリングを適切なところに置き直す練習 これで正しい目の位置にする 正しいところに戻した後は正しい動かし方をしなければいけないのでそこは練習

三つのリングとそれぞれのリングの角度はどの筋肉の調整にも使え

ボックスイメージ

体全体をボックスで分けてそれぞれの位置で正しい体の動きを身につける 足の指にボックス 足裏にボックス 足首で分ける 膝前 関節 関節と骨盤までの間 で面を意識して 全身のバランスを取る

この ボックスに沿って体をマッサージする 筋肉は伸ばす ひねる 押す 引っ張る 抑える 指でさす などで調整 指は引っ張る 押す 筒を意識して支点から回転させてひねる 包んで曲げる などで調整 もみもみマッサージは最後。 伸ばして引っ張っておさえて を行ってから。 凝ってる部分は全部これで調整 引っ張る結構 コツ

こめかみ と 目の外側と 耳の裏 を接続して立体的に調整 そこから肩の上を整える 首は骨盤 足なども重要 肩を整えると首が座って頭が落ちる すると腰に負担がかかるのでそれを骨盤 足まで重さを落としていくから 全身を調整しないと痛みが消えない

鼻先に小さいボックス その奥の鼻の奥が細長い縦のぼっくす 首で細長いぼっくし 目で四角いぼっくす 顎で三角 鼻上の頭蓋骨で大きめのボックス 肩で四角 鎖骨で三角 肘で四角 それを繋ぐ細長いボックス あるいは筒 胸骨で四角 その間の背骨で細長い 骨盤で四角 って感じで整える

歩く時は足裏の四角 が丁寧に全体のボックスをひたんなくありけるように 。

足裏は4つにわけて引っ張ったりしりーすり 筋肉は一つの筋肉を4つにわけて引っ張る 

目を前に出さずにまだたき 鼻 口も同じ 

調整法

鼻を引っ張って 首の骨を後ろに引っ張る 要は内圧を下げて 骨を外へ外へと広げていく 固まってるところから順に引っ張って外に出していく 

普通のヨガに加えて 体をボックしでイメージした形で 筋肉や骨 関節を正しい位置に組み直していく

立ち上がって手を鳳凰のようにパタパタさせて あるいは回転させて 肩と脇の位置を丁寧に分けて 手の重みを肩に乗せないようにする

手を調整の際は 指を引っ張るときに手の甲の塊も取れるように引っ張る それぞれの関節に対して押してくっつける時と引っ張って話す時で ちょうどいいところを探る それぞれの関節を押さえて 関節同士が一個一個剥がれるように調整する 親指の付け根は形が複雑なので丁寧に分かれ目を探って剥がしていくこと

指はてヨガの後は 指をコノジガタニシテ 上から圧力をかける 肘との関連でも調整 肘も細かい筋肉が密集してるのでいろんな角度から圧力をかけて剥がしていく 体の下に置いて体重で剥がすと余計な力がいらない マッサージはなるべくせずに圧で手のひらでゆっくり押さえ込むように呼吸しながら調整 指や引っ掻きを使わないように気をつける 肌をきづつけないように

お腹の背骨を頭と連結させる 呼吸で。 

仰向けになって 足と骨盤の前側 背骨 を正しい位置に調整していく

T字型 十字形で 骨や筋肉をくっつけていく 首周りなんかは 鼻の位置とまっすぐに後ろの首をくっつけてそれぞれ正しい連結を作っていく 眉毛の位置の骨と横で繋げ  鎖骨と肩などをつなげ みたいなのをT字型でつけていく 

重力を感じながら頭の重さを構造で支えていく体の位置を作っていく 呼吸法と合わせて 頭鎖骨エリア腹筋腰 骨盤 までをしっかり重力を感じながら落としていく 鼻 目 後頭部 頭頂部 鼻の奥 鼻先 鎖骨 にゅうさにとうきん 肩の端 肘手首に至るまで重力で落としていく 背骨全体を感じながら動かしたりする

股間のいんぶの根元にある部分から整える その感覚と頭頂部の部分を連結させて上半身にまっすぐを作る これをすると 鼻の奥のっ間違った形で整ってる部分が強制される 

寝てる時に横になって 横の状態で重力を感じながら 肩甲骨をまっすぐに整える つまり横が整う これを肩の先っちょ 首の根本 脇 耳の奥 側頭部などいろんなところで横で整える 縦が終わったら横で調整

寝てたり座ってたりする時に 圧がかかってる場所をいくつか検知して弱めていく こし を緩めると足に体重がかかるからそこを緩めていき それを繰り返していくと 無駄な首の力がスーッと消えて構造で座ることができるようになる

インブの根っこの状態が骨盤からお腹の奥の状態に影響するので整える しすぎないように気をつけること

呼吸法で 頭頂部 鼻から鎖骨 肺 お腹あたりまでをまっすぐ呼吸が通るように訓練する


体をぶら下げる感じ 肩から脇をぶら下げる 首から肩をぶら下げる 頭頂部から首をぶら下げる 首の付け根下から骨盤をぶら下 骨盤から足をぶら下げるなど

頭皮のこりは目から来てるので 頭を押さえて目に感じるところを抜いていくと疲れにくくなる ただ頭をマッサージするんじゃなくて 頭皮を押さえて目の関係をつなげていく感じ 

頭頂部から目をぶら下げるなど

股間から 頭

筋肉は内側を意識 腹筋の中の方 首の後ろの筋肉の内側 胸筋の内側 みぞおちあたり 筋肉の側の筋肉 インナーマッスルを調整

座ってる時 骨盤をボールにする 足の根本を出して 設置面を拡大して いく 腰や脇 肩甲骨 首が固まってると座ってる時 首や目に 重さを感じる 座ってる時は腰から順に 脇 肩甲骨 首 耳の後ろ など 力がスーッと縦に通るように 丸めて調整する インブから頭頂部を整えてから そこを軸に 腰などを回していく 顎の力を抜く

ストレッチの際は動的ストレッチをする アキレス腱を伸ばしながら胴体をくるくる回したり 首を横に傾けて手を横に伸ばしたら その状態で手をくるくる筒状に回す

筋肉の交差点では 塊になりやすい 例えば 腰と腰の間 背筋と交差するところの少し下が 塊になりやすい

わかりにくい部分では 腰の筋肉の内側と 腹筋の内臓側 この辺りが重なるところも凝りやすい

内側の筋肉でバランスを取る意識を持つ

足を伸ばした時は腰ごと足がまっすぐする これが腰と足が同期すると蹴りが強くなる

腰は腹筋とセットで足と同期させる 腹筋の下の方 上の方 そこから胸筋 鎖骨まで同期させると計り知れないくらい蹴りが強くなる

この同期の感覚は指などにも応用できる 指ヨガは手首 肘 肩まで同期させると良い

これをすると指と手首 手首と肘がかなりの精度で整う これは手首までなので肩は ダンベルで両手を広げて羽ばたくようにして肩を整える この時もただ動かしんじゃなくて厚みを意識しながら 繋げる筋肉を拡張していく 内側に開いて閉じてをする場合 胸筋と肩 前に伸ばして上下 は脇と肩の後ろ 脇の後ろ など 調整範囲を広げる  骨盤ベース 胸郭ベース 鎖骨ベース 首の付け根ベース 首ベース 顎ベース で調整できる筋肉が違う 厚みと動かす部分を全体に意識して行う 頭頂部からその中の真ん中の骨 背骨にかけて 小さな動きで調整する 

鼻の奥の塊を頭を押さえながらかなりの長時間丸めたことで 頭全体が張りを覚えた おそらく構造が変わったことで力の加わり方が変わったのでそれの再調整のような状況 目の奥がかなりふたたび張ったが 治すためのはりというような感覚だった この時しっかり水分を補給するのが大事 揉み返しに近いかもしれないが構造が変わると別のところでかかってた力と入れ替わりがあったりして独特の反応がある 整え直しが結構大変だがそのあとゆっくり眠ると大きく鼻呼吸 頭の圧が適切になり非常に心地よくなる

トリガーポイントの普通に肩揉みする箇所 ガチガチだと効果を感じないが 正常な状態になると機能する 普通の肩の場所をリラックスさせると 目の後ろの塊が減る 

柔らかい思考 柔らかい考え事 柔らかい呼吸 を意識

普通の肩の場所を柔らかくしたら にゅうさにとうきんが機能する これは耳の付け根 目の下の頬骨の筋肉の力がにゅうさにとうきんを整えると機能し出す この時も立体的にその筋肉を捉えて 内側 横がわ のイメージするとしっかし機能する 首の真下 喉仏の上側 内側のフェイスライン 顎の付け根も肩と一緒に整える  喉仏から鼻の奥が整う 

目を鼻の前側を意識しながら 小さく瞬き 大きく瞬きなどをする この時思いっきり大きく目の内側やいろんな箇所を意識しながら大きく開ける 鼻を意識しながら   

これはかなりしつこい塊になってるのでこちらもしつこく開け閉めして血流を戻す

胸筋をベースに背中 鎖骨 首 目 頭を繋げて いく。 

ベースを骨盤にする。など調整の領域を調整 

ドッグポーズの時足踏みは効果的だがこの容量で 手もやって 肩甲骨をほぐす

目をつぼみみたいにして 焦点の位置に向かって 動かす 後ろ向きも同じ

肩と首の交差点は凝りやすく 目の下 の上の付け根 と 塊やすい箇所が二箇所もある

頭皮のマッサージを柔らかく皮膚を痛めないように調整 この時 目と首の中央部分を同時に調整していく 

一定レベル以上になってくると呼吸そのものが自然に姿勢を整えてくれる

噛み合わせで歪むにで歯をやんわり噛み合わせて 均等な噛み合わせの状態になるようにしていくと歪みが治る

小さな歪みを感覚で直していく 歪みは縦横斜め 立体的に歪むので 左右並行になるように調整していく必要がある かなり細かい意識が必要で 肩が左右均等に並行になてるか 前後整えて前整えないとその上にある首の骨がまっすぐにならないなどがある この細かさで調整できればほぼ全ての全身が整い 体がグッと楽のなる

犬のポーズをベットに手を置いてやっていくと比較的簡単に 腰 足の付け根 骨盤 首 肩が整えられる 骨盤を整えないと その上は整わない この時の微細な歪みを認識して適切な位置にしていく

デスクワークの人はお腹が出やすい 頭は前に倒れやすい などがあるので意識

歩きながらお腹がでない歩き方をする 次は胸筋 鎖骨 顎下 鼻 目 額の上 が前に出ないように歩く 次は後ろを意識 骨盤尾骶骨が変に動かないように固定して歩くと 全身が丁寧に動くようになり かかと後ろ 肩 首なども前に出ないようにするだけでなく後ろにも意識する

言葉を発するときは鼻と同時に息を吐く この時 うとおは出しやすいが他の音も同じ箇所から出せるように訓練する

巻き型の人は鏡で横から姿を確認して正しい位置に戻す その位置に疲れずに肩を置いていけるように体を調整しておく

歩きながら調整できる項目

足の指をブロック状にして それぞれの指を分離した歩き方をする 指の次のブロックを分離 かかとブロック くるぶし 足首を分離 足首と 膝下の関節 関節 関節の上 関節の上から股下 股と腰 膝は重力に逆らわずに落とすように回すと 骨盤が回る 腰 尾骶骨を変に動かさないように歩くと腰の固まりが柔らかくなる

ヨガで腰や首を旋回させて 肩などのブロッックを意識しながら調整 

舌を口に上に当てる際に押さえすぎて鼻が圧迫されるので注意 したの根本の喉の部分と 口の上にあてる舌の力加減をバランスよくする   鼻の奥の力をなるべく抜く  下の奥と 舌の上 口の上 口の中の力み 顎を合わせて歯を噛み合わせた時の 下の力み 口の中の力み 歯をあわせた時の鼻の奥 目の奥のバランスを取る

撫で肩は肩が凝りやすく手の重さを首で支えてる状態 通常 鎖骨は横にまっすぐなのでそれを意識して鎖骨をコントロールする

神経伝達が綺麗だと肩が凝らない

デスクワークの人は首の後ろなどが出っ張る 目をとか付けようとして結果的にその状態で固まるので 出っ張ってるところを引っ込める意識が大事 腰 かかと など 出っ張りを引っ込め 前に出っ張ってるところはそこを押さえる   くるぶし 膝 骨盤 お腹の背骨 胸郭 肩の中央 鎖骨 首 耳 頭頂部までまっしぐ 体を側面からみて真っ直ぐにしておく

頸骨の調整が極めて重要 頸骨の感覚は少し前の方が上で背中側の突起は斜め下に下がり感じ 首の中 顎の中に神経網がスポッとしまう感じで頸骨を調整 第一頸骨 第二頸骨が 体の状態をかなり決める

手の付け根と肩甲骨の微妙なつながりの部分を柔らかくする  胸郭から肩甲骨を剥がす 鎖骨から肩甲骨を剥がす

胸骨と胸郭 背中の頸骨のバランスを整える

頸骨などの横部分を整える 横から内圧を高めてバランスを整える  頬骨の内圧 頸骨の内圧 耳の奥を左右から中にしまい込む 顎の付け根を仕舞い込む 首のカチカチの部分を中にしまうイメージ

さすまたのようなイメージで脇 首の下 首の上 鼻の横 などを押さえ込んで 頸骨は別で小さな円をイメージして抑えこ見正しいところに置き直す

目の周りの筋肉が思わぬところでガチガチになっておりそれが頸骨に影響している 眼輪筋にも 目の外側は 縦に圧をかけてくっつけたり話したりしながら頸骨とのバランスを取っていく

背中を壁につけて調整するだけでなく 全面をくっつけて顎を調整したり側面をつけて手や足を調整する というのもある

座ってる時にしっかり足を使う練習 お尻で設置する状態をキープしながら足にしっかり力を入れて左右交互に足踏みしていく 足の裏のいろんな箇所でバランスをつけていく この時 股関節の付け根 腰 肩 首 頭のバランスも整えていくと座ってる状態が整っていく お尻だけだと体がしんどくなる

呼吸する時にしっかり腹式呼吸 はい呼吸 丹田呼吸 をしながら 体の調整をしていく ヨガやストレッチの時にこの呼吸ができないところが固まってる証 この時 脇を縦に開くイメージ 膨らませるのは常に縦

ここイメージは体のどの部分にも適応できるので目の中 側頭部 鎖骨 脇など全部分で調整

筋肉はプレートが重なるように奥に入り込んで引っかかってたりする そういう部分を察知して絨毯の挟まってるところを薄く引っ張って抜いていくようなイメージ ここが

引っかかってると大きい筋肉やストレス 運動をしても取れない疲れが残る 顎の中 頬骨などもこれで調整できる

呼吸は前に膨らませる

鼻を前に全体を持ち上げる感じで引っ張る この時息が通るようにする

首の後ろ 全体的に 中に中心に向かうようにおしこむ 外に落ちて行かないように中に固定するイメージ 慣れると手を使わずに押し込んで 首から頭 鼻まで全体に押し込む 中心の中の筋は中に その外の筋肉は外に。

腰まで使える

鼻呼吸の時鼻の中央あたりが下に力むのでそこを抜いていく 

昔 鼻の通りをよくするバンドエイドみたいなのがあったが アレのイメージで鼻を顔の奥に左右に引っ張って中に押し込んでいくようなイメージ  このイメージでいろんな箇所の筋肉を丸めるようにして緩める 顔全体は首の後ろに丸まっていくようにする 耳の中側頭部 首の下 あごなど

目を思いっきり瞑った時の力みをなくしていくと眠り時に楽になっていく

鼻うがいは朝夜 行い 歯磨きもしっかりすること

腹式呼吸の時に 横になってお腹を上の出す 吐くときは膝を抱き抱えるようにして丸める この動きは首や目を起点にしても効果的で 膨らませて 包みこむ動きは応用が効く

肺呼吸では胸郭を横に出してすい中に抑えて吐く って言う動き これをしながら縦に脇を動かす  この時体を捻る動きを加えるとさらに可動域が広がる

首も横に顔を向けて腹式呼吸などを行い顔を横に向けたまま お腹を出して首を出して 捻りながらさらにお腹を出してひねりを強化すると もっと奥を伸ばすことができる

耳裏からこめかみにかけてと目の関係を調整 耳の裏の下あたりと耳の裏の上あたり この辺りを整えるときょうさにとうきん を支える顎と顎の下を整える 顎の下とあごが通ると にゅうさにとうきんと 首の横 鎖骨が通り 肩と脇にエネルギーが通っていく

顔のいろんな箇所を力んだ時にいろんな部分が反応するがそこでどこが出っ張るかを丁寧に探ってそこを抑えていく 三箇所くらい見当違いなところが力んでたりするのでかなり集中して調整すると 無駄な力身を抜いていける 鼻周辺なんかは力むと外に剥がれていく感じなので中に抑え込むのが大事 そこを押さえると首の後ろに力みが発生するのでそこを抑えて ってもぐらたたきみたいにすると歪みや変な力みがなくなっていく

顎の周りと頸椎をしっかりバランス整えていく 顎の側面 唇の内側 唇の小さい筋 口の内側 

足裏 第二関節あたりをアーチ状にクッションのようにして歩くと 足首や膝 ひいてはその上の体全ての疲れが軽減される 

日々体を丸めがちなのでそれをなんとかする 上を向いて瞬きパチパチ 肩をうしろのむけて上を向いて呼吸

ディスプレイはブルーライトカット状態が基本 

神経を整える

声を出さなきゃいけない時は 緊張してる時の体を丸める状態を無くす 肩は後ろに置いてそこからさらに少し下げる 肩が下がったら次はもう少し中を整えていく

スクワット時に足の裏のクッションを丁寧に使えないとうまくしゃがめないので 丁寧に柔らかく行う 足裏を柔らかくすると歩行時も足裏マッサージに近い状態で 腰と腹筋のマッサージになる 靴を履いているとそこが固まってしまいうまく歩けないので体が凝りやすくなる

ラジオ体操の時に体感 体をボックス状にして安定した状態で体を回すことを意識する

NO IMAGE
ツイッターで最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>3DCGの情報掲載サイト「The Lupus」

3DCGの情報掲載サイト「The Lupus」

些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

背景デザインのノウハウ 3DCGtips 英語の学習法 作業効率化 などの情報を掲載していきます。